オナ禁体験記 その5(おまけ) | ke7u9x | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

オナ禁体験記 その5(おまけ)

返信

オナ禁、というよりも「オナニーを止めた」ときに体験したこと、感じたこと、考えたことの記録(記憶)。性別:男、当時の年齢:21


前回: http://ke7u9x.sa.yona.la/13


* オナ禁中の夢精について

夢精は基本的に制御できない。日中エロいこと考えたからといってその晩に夢精するわけではないし、前触れなく2日連続で夢精することもある(1日に2回ということも)。ただし一つだけはっきりしていて、夏よりは冬の方がずっと頻度が高い。要するに布団の重さ=性器に対する物理的刺激の強さが一番影響が大きい。眠っている間の身体の動きなんて制御できないから、これはもう制御不能とするしかない。


* 性的興奮について

「性欲は脳内麻薬の禁断症状に過ぎない」と最初に書いたが、”性的興奮”については、”恐怖”や”悲しみ”と同じような、感情の一ジャンルなのではないかと思う。例えば最近の私は時々(2ヶ月に1回くらい)AVを見る。「抜かないのにAVなんて見てどうするの?」と思われそうだが、恐怖するためにホラーを見たり、悲しむために悲劇を見たりするのと同じで、一通り性的興奮を味わったらそれで満足する。ムラムラが残ったりはしない。


多分性欲そのものが、多くの情動の複合物なのだろう。しかし脳内麻薬の力が強すぎて、なかなか本質が見通せない。


* そもそもなぜオナニーを止めようと思ったか

わざと今まで書いてこなかった部分だが、当時の私は生きること自体に悩んでいて、その模索の中で禁欲主義的な生き方に活路を見出そうとした、ということ。そういう考えを実行に移して、本当に性欲を消してしまう人は少ないだろうし、その生々しい体験が語られるのはさらに稀だろう。だからここで公開することにした。


* (前回に対する返信より)その3で書いた「しっぺ返し」とは?

確かに分かりにくい書き方だった。要するに「もう身体は自由に制御できるぜ!」と調子こいていた分、「だから何?」状態のダメージが大きかった。そして、性欲を克服し心身健康になり強固な意思でライフハックを成功させても、それで人生が上手く回るわけではないという、当たり前のことを思い知ったのだ!


つまり禁欲主義を貫くだけでは”救われなかった”。そして本当に何気なく買った2400円の聖書(一番ポピュラーな日本語訳である新共同訳)を読んで、救われてしまった。自分でも予想外の展開だったが、事実救われてしまったのだからどうしようもない。


聖書の話はまたいずれ、別の機会に、多分別のアカウントで。ke7u9xの”私”はそろそろサヨナラ。読んでくれた人どうもありがとう。

投稿者 ke7u9x | 返信 (2) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: オナ禁体験記 その5(おまけ)

なるほどなぁ

返信

という感想もどうかと思うが、確かに他じゃあまり

聞けない話が聞けたと思う。おもしろかったっす!

投稿者 fgb4ac | 返信 (0)

Re: オナ禁体験記 その5(おまけ)

凄い

返信

まだオナ禁してるというのが凄過ぎる。夏より冬というのも勉強 (?) になった。

聖書の話にも期待。

投稿者 gyxifb | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.